施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の水族館情報を無料で検索できます。

ホームメイト水族館リサーチ

水族館情報

水族館の水は、どうやって確保するの?



水族館の水槽の中の水は、いつも透明度が高くきれいです。ガラス越しに生き物たちの姿を観察するわけですから、水が汚れていてはよく見えません。ですが、魚がエサを食べたり、フンをすれば、当然のことながら水は汚れます。では、汚れた水は一体どこへ行き、どうやってきれいな水と交換しているのでしょうか。

海や川から直接確保

海や川から直接確保

水族館では海や川に棲む生き物たちを飼育しているので、水槽の飼育水も生息環境に合わせて海や川から確保します。川など淡水の場合は比較的簡単で、ポンプなどを使って直接採水できますが、海水の場合は大変です。川から流れ込む淡水の影響や、陸地の雨水が注ぎ込むような場所から汲んできても使うことができず、砂や泥が多く混ざってしまう遠浅の海岸も不向きだからです。取水地の漁業に影響を与えないよう、漁業組合の協力も必要になることもあります。さまざまな条件をクリアした場所となると、ほとんどが外海に面した岩場ということになってしまいます。実際、多くの水族館が岩場に取水口を設置し、パイプを引いて海水を送っています。外海に面した場所に建っている水族館が多いのは、そうした理由があるからです。

内陸部では人工海水を使うことも

内陸部では人工海水を使うことも

海から離れた内陸部の水族館では、どのように海水を確保しているのでしょうか。一つは良質な海水を採水するため、外洋で海水を汲んで船とトラックで運ぶ方法があります。この方法は輸送コストが高いため、最近では水に塩分とミネラル成分を入れて作った人工海水を使うところもあるようです。東京スカイツリーの足元に建つ「すみだ水族館」と京都市にある「京都水族館」は、100%人工海水を使った水族館として知られています。

濾過循環装置を使い、汚れた海水を浄化して再利用

濾過循環装置を使い、汚れた海水を浄化して再利用

きれいな海水を確保するためには、それなりにコストがかかります。水が汚れるたびに海から採水していては、効率が悪く、費用もかさむ一方です。そのため水族館では濾過循環装置を使って、汚れた水を再びきれいな水に変えて再利用しています。濾過の仕組みは、簡単に言うと、砂で水の濁りを取り、バクテリアで生き物たちの排泄物を分解して、汚れをとるというもの。きれいな海水ができると、今度は生き物たちの生息環境に合わせて水温を調節し、再び各水槽へ送られます。この循環により、水槽の中の飼育水は常にきれいな状態が保たれているのです。水族館の裏側には、濾過循環や温度調節などの機械類が数多く設置され、パイプが編み目のように走っています。