施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の水族館情報を無料で検索できます。

ホームメイト水族館リサーチ

水族館情報

水族館で思い切り体験して楽しもう!



今や水族館は水の生き物を見るだけの施設ではなく、触れたり、餌をあげたりできる体験型の施設が主流となっています。生き物の色や形、生態などを知った後は、実際に触れることで、ガラス越しに観察した時とは違う新たな発見につながることも。生き物との距離が近くなれば、コミュニケーションをとる楽しさ、命の大切さを実感することができるでしょう。

タッチングプールで、生き物にふれてみよう

タッチングプールで、生き物にふれてみよう

小さなお子さんにおすすめなのが、磯などに棲む生き物に直接触れることができるタッチングプールです。エビやカニ、ヒトデやナマコをはじめ、小型のサメやエイなど、様々な生き物を手にとって触れることができるのが魅力です。ザラザラとしたサメ肌や、ナマコのぬるっとした感触、カニの甲羅の堅さなど、生き物は実際に触れてみないと分からないことばかりです。家の近くの川や池で、魚やカエルを捕まえる経験をしたことのない今の子どもたちにとっては、水族館のタッチングプールは自然の中で遊ぶのと同じくらい刺激的で貴重な体験ができる場所なのです。

イルカに触れる、イルカと泳ぐ

イルカに触れる、イルカと泳ぐ

多くの水族館で行なわれているのがイルカに触れたり、トレーナーのように合図を出す体験ができるプログラムです。イルカは利口なうえに人が大好きで、そばに寄れば愛嬌のある仕草とかわいらしい表情で接してくれます。触れるだけでなく、一緒に泳ぐことができるドルフィンスイムは、まさにイルカと一体になれる特別な体験です。好奇心旺盛なイルカが脇をゆっくり泳いで、上手に誘導してくれることもあります。イルカとのふれあいは癒し効果があると言われていて、近年大きな話題を集めています。非日常の体験が、日々の疲れや緊張から心と体を解き放ってくれることでしょう。もちろんイルカだけでなく、アシカやセイウチなどの海獣と握手をしたり写真をとったり、ペンギンに餌をあげたりできる施設も多いので、時間の許す限り、いろいろな体験プログラムにぜひ参加してみて下さい。きっと生き物をもっと身近に感じることができるはずです。

ナイトツアーなどこだわりのプログラムも魅力

ナイトツアーなどこだわりのプログラムも魅力

水族館の様々な魅力を知ってもらおうと、近年、趣向をこらした体験プログラムを企画する施設が増えています。中でも、閉館後の水族館で一晩を過ごすナイトツアーなどは大人気です。これは、夏休みなどを利用して親子で水族館に宿泊し、生き物たちの夜の生態をじっくり観察するという企画です。水槽の前で寝袋にくるまり、魚たちと一緒に眠るのも、きっと素敵な思い出になるでしょう。また多くの施設で行なわれているのが、水族館の舞台裏を見学できるバックヤードツアーです。たくさんの機器が並ぶ機械室を見学したり、展示前の生き物たちや産まれたばかりの赤ちゃんに出会えたりと、普段は見ることができないエリアに入れるのも魅力的です。この他、魚釣り体験や魚に関する工作ができるワークショップなど、遊びながら学べるプログラムは、お子さんには特におすすめです。