施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の水族館情報を無料で検索できます。

ホームメイト水族館リサーチ

水族館情報

世界淡水魚水族館アクア・トトぎふ
(岐阜県)



岐阜県にある「世界淡水魚水族館アクア・トトぎふ」は、世界最大級の淡水魚水族館として誕生しました。「アクア・トト」という愛称は、水を意味する「アクア」、幼い子どもが魚を言い表す時に使う「トト」から来たもので、公募で選ばれました。子どもから大人まで河川環境を楽しく学び、考える場として、また癒しの場としての役割を担っています。一般道はもちろん、東海北陸自動車道の川島パーキングエリア(ハイウェイオアシス)にも直結しているので、県外からの来館者も多く、旅の途中の立ち寄りスポットしても人気です。

自然に包まれた長良川源流域の生き物を飼育

自然に包まれた長良川源流域の生き物を飼育

コンセプトは「長良川の源流から河口までと世界の淡水魚」。魚類を中心に、は虫類や両生類、水辺に棲む鳥類などの生き物を、自然環境を再現したうえで飼育・展示しています。その種類の幅広さは世界有数のクオリティを誇っています。また、館内4階にある長良川の源流域を忠実に再現したフロアでは、木々が茂り、滝が流れる自然の中で、上流の冷たく澄んだ水に生息するヤマトイワナやアマゴなどの泳ぐ姿を見ることができます。ほかにも、落ち葉や土の下にいるサンショウウオや、一生を淡水で過ごすサワガニなども観察できます。

懐かしい川辺の世界を観察しよう

懐かしい川辺の世界を観察しよう

3階にある長良川の上流から中流までを再現した水槽は、瀬や淵などが造られ、まさに自然をそのまま切り取ったかのようです。川の中ではアユのなわばり争いやオイカワの産卵行動などが繰り広げられ、季節ごとに行なわれるありのままの生態を観察できます。一方、田んぼや用水路など、昔はどこにでもあった身近な水辺の風景を再現しているのが、中流から河口域の水槽です。コイやギンブナなどが泳ぎ、穴にはナマズやウナギが隠れているので、じっくり観察して見つけて下さい。ゆっくりした流れの下流域では、群れをなして泳ぐモツゴ、ひなたぼっこをするクサガメ、可愛らしいカルガモなどを見ることができます。

世界の河川から不思議な魚が大集合

世界の河川から不思議な魚が大集合

中国・ミャンマー・ラオス・タイ・カンボジア・ベトナムの6カ国を通り、全長4,400キロにも及ぶメコン川には、約400種類の魚が生息しています。このメコン川からやってきたのは、世界最大級の淡水魚として知られるオオナマズや、鉄砲のように口から水を飛ばして陸上にいる獲物の虫を打ち落とすテッポウウオなど。また来館者の注目を集めているのが、アフリカ大陸中央部を流れるコンゴ川の水槽です。ここでは「サカサナマズ」という変わった名前の魚が飼育されています。人気の秘密は、泳ぐ姿にあります。なんと、成長するにつれ逆さまになり、底を移動する時以外はお腹を上にして泳ぐのです。まさに「名は体を表す」を地で行くユニークな習性の持ち主なので、ぜひご自分の目でお確かめ下さい。

アマゾン川は生き物の宝庫

アマゾン川は生き物の宝庫

世界の淡水魚で忘れてはならないのが、アマゾン川に棲む生き物たちです。生きた化石とも言われる巨大魚ピラルクーや、集団で獲物を襲うピラニアなど、アマゾンの熱帯雨林はダイナミックな生き物の宝庫。水族館では巨大魚たちのフィーディングウォッチが行なわれています。大きな口を開けてエサを食べる迫力満点の光景を見に、遠方から訪れる来館者も多いようです。