ご希望の水族館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト水族館リサーチ

水族館情報

沖縄美ら海水族館(沖縄県)



2002年にリニューアルオープンし、今や沖縄を代表する観光スポットとなった「沖縄美ら海水族館」。その名の通り、沖縄の美しい海を見事に再現している施設です。ジンベエザメ、マンタ、アメリカマナティーなど大きな海の生き物の展示は、一日では回りきれないほどの充実度です。たくさんの生き物たちと沖縄の青い海が、心を癒してくれます。

巨大水槽で悠々と泳ぐ3頭のジンベエザメ

巨大水槽で悠々と泳ぐ3頭のジンベエザメ

沖縄美ら海水族館と言えば、なんと言ってもジンベエザメが有名。7mクラスの巨大ジンベエザメが3頭も飼育されています。その中で最も大きいジンベエザメ「ジンタ」は、世界最長飼育記録を更新中。小魚を従えて悠々と泳ぐ姿は、海の王者の貫禄を感じさせます。このジンベエザメたちを飼育しているのが、世界最大級のアクリル水槽です。その規模は、深さ10メートル×幅35メートル×奥行き27メートルの大きさで、容量はなんと7,500トン。正面に巨大なアクリルガラスを使用し、透明度の高い沖縄の海を再現しています。水槽内には3頭のジンベエザメの他、マンタが自由自在に泳ぎ、エイが群れで回遊するなど、水槽というより黒潮の海そのもの。水槽を下から眺めることができるアクアルームと呼ばれるコーナーも設置されているので、海底にいるような気分で魚たちを観察できます。

美ら海の深海世界を再現

美ら海の深海世界を再現

沖縄と言えば、澄んだブルーの海をイメージしがちですが、意外にも光が届かないような深い海に囲まれています。そんな沖縄の深海には、不思議な姿をした珍しい生き物がいっぱい生息しています。大水槽には飼育が難しいナガタチカマスや珍しいハマダイなどが泳ぎ、個水槽には世界で初めて飼育されているシマハタや、植物のように見えるオオウミユリなどが展示されています。華やかなサンゴ磯とは違い、ここは"静かな宇宙"といった趣です。時間を忘れて、今まで知らなかった沖縄の深海の魅力に浸ってみませんか?

水族館周辺の無料施設も見学しよう

水族館周辺の無料施設も見学しよう

水族館から外に出て周辺を歩くと、海の生き物たちを見学できる施設があります。日本で初めて繁殖に成功したアメリカマナティーがいる「マナティー館」はそうした施設のひとつで、水上からマナティーを観察できる他、水中で泳ぐ様子が分かる水中観察室も設けられています。また、「ウミガメ館」に足を踏み入れると、まるで人を観察するかのようにジッとこちらを見つめながら泳ぐウミガメの姿に遭遇します。さらに、オキゴンドウとバンドウイルカが楽しいショーを繰り広げる「オキちゃん劇場」、人口尾ビレを付けたことで一躍有名になったバンドウイルカのフジと出会える「イルカラグーン」といった施設が海に向かって点在していますので、ぜひ足を伸ばしてみましょう。これらの施設は全て入館無料です。旅行者のお財布にも優しい水族館です。