ご希望の水族館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト水族館リサーチ

水族館情報

ウミヘビの猛毒を持つコブラの仲間!?



水槽の中で漂うウミヘビは、ひょうきんでユニークな雰囲気を感じさせますが、実は猛毒を持つコブラの仲間だとの説があります。スキューバーダイビングなどで海に潜る機会の多い方は、その生態を知っておいたほうが良さそうです。

いわゆる「ウミヘビ」には2種類ある

いわゆる「ウミヘビ」には2種類ある

私たちが「ウミヘビ」として認識している生き物には、実は2種類あるということをご存じでしょうか? ひとつは爬虫類に属するまぎれもないウミヘビ。もうひとつは、ウナギやアナゴの仲間のウミヘビです。後者のウミヘビには、ダイナンウミヘビやホタテウミヘビなどがいますが、海水魚の一種であり毒などは持っていません。それに対して、爬虫類のウミヘビは、自然の海の中では決して出会いたくない危険性を持つ生き物です。

ホントに怖いウミヘビの毒

ホントに怖いウミヘビの毒

熱帯から亜熱帯の海に生息し、毒を使って敵の神経をマヒさせてしまう爬虫類のウミヘビは、コブラの仲間から進化したという説があるくらい人間に対しても危険な生き物です。回遊する種類のウミヘビは、亜寒帯の地域まで北上することがあるので、日本の海でも注意が必要です。外見は鮮やかな横縞模様をしていたり、黄色のボディで背中に黒い帯が入っていたり、キレイなコントラストをしていますが、一旦咬まれてしまうと人間であっても麻痺やしびれを起こし、呼吸困難や心肺機能停止にいたってしまいます。もし、ダイビングやシュノーケリングの最中に咬まれてしまったら、一刻も早く血清を打たなければならないので、ぜひ覚えておいて下さい。とはいえ、本来はおとなしい性格で、突いたり、誤って踏んだりしなければ、咬まれる心配はほとんどありません。海中で出会っても冷静に対処して下さい。また、前述の通り、ウミヘビに似た生き物がいますので、あらかじめ特徴をつかんでおいたほうがよさそうです。危険なウミヘビのサインは、鮮やかなボディと、シッポが縦に平たくなっていることです。

水族館でウミヘビを見ておこう

水族館でウミヘビを見ておこう

実際の海でウミヘビと出会ってしまう前に、水族館でウミヘビをチェックしておいてはいかがでしょうか? 海獣や人気魚類に押され、ウミヘビは少々地味な存在ではありますが、多くの水族館がウミヘビを展示しています。水槽のガラスを通して見るウミヘビは、ゆったりと漂ったり、時には体をくねらせながら上手な泳ぎを披露したり、不思議な癒しを与えてくれる存在です。ヘビは苦手だけれど、ウミヘビは好きと話す女性ファンが意外と多い生き物でもあります。ぜひ一度、ウミヘビをテーマにした水族館ツアーに出掛けてみて下さい。