施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の水族館情報を無料で検索できます。

ホームメイト水族館リサーチ

水族館情報

性別が変わる魚たち



不思議なことに、生き物の中には成長の過程で性別を変えるものがいます。オスからメスへ、メスからオスへ、あるいは両方に変えることができる生き物もいます。陸上生活をするほ乳類には、このような例はないようですが、海の中ではサンゴ礁に棲む魚類を中心に約300種もの生き物が性転換することが分かっています。何のために性別を変える必要があるのでしょうか? その答えは、自然界の英知とも言うべき驚きに満ちています。

子孫をより多く残すための手段

子孫をより多く残すための手段

海に棲む魚類の中に性別を変える生き物が多いのは、おそらく生存競争のためであろうと考えられています。海は生命の源であり、生き物の多様性に富んだ場所です。自ずと生存競争も激しいものになるはずです。そんな海の世界で種を受け継いでいくには、より多くの子孫を産み、残さなければいけません。子どもの数を増やす手段として、魚たちは性転換を行なうのです。

メスからオスの「雌性先熟」とオスからメスの「雄性先熟」

メスからオスの「雌性先熟」とオスからメスの「雄性先熟」

雄雌が変わった方が子孫をたくさん残せる場合に性を変える動物もいます。メスからオスに変わるものを「雌性先熟」と言い、主に一夫多妻制で生活する生き物に多く見られます。この場合、大きなオスがたくさんの雌を独占してしまうので、小さなオスははじき出されて子孫を残すことができません。そこで体が小さなうちはメスとして卵を産み、大きくなってから性転換をしてオスになるのです。逆に、オスからメスに変わるものを「雄性先熟」と言います。こちらは、一夫一妻制に近い形が成立している生き物たちが受け継いできた能力です。この場合は、体が大きいメスの方が産卵能力が高いので、小さいうちはオスとして生活をし、体が大きくなってからメスになる方が有利なのです。また中にはオスにもメスにも変わる生き物もいます。性を変えるタイミングについては、体の成長や周囲の環境を見て判断しているようです。

雌性先熟の生き物

雌性先熟の生き物
ホンソメワケベラ
生まれながらにしてオスが全く存在しない魚。一匹のオスと多数のメスとが一つのグループで生活する一夫多妻制で、オスがいなくなると、残ったメスの中から最も大きい個体がオスに性転換します。
サクラダイ
生まれた時は全てメスで、成長するとオスに性転換して、複数のメスとグループを作ります。メスは橙赤色、オスは鮮紅色で、体の中央に白色の斑点が出てきます。

その他、キンギョハタダイ、キュウセン、マハタなども雌性先熟の魚です。

雄性先熟の生き物

雄性先熟の生き物
クロダイ
幼魚のうちはすべてがオスで、10センチを超えると精子ができます。15~25センチの二年魚は両性型で、精巣の内側に卵巣がある雄雌同体になりますが、この段階では、機能的にはオスのままです。25センチ以上の三年魚になると性の分化がはじまり、五年魚以上になると、ほとんどがオスとメスに分かれます。
クマノミ
小さいうちはオスで、成熟するにつれ集団の中で最も大きい個体がメスに、次に大きい個体がオスになります。そしてメスが死ぬと、2番目に大きかったオスがメスに性転換し、3番目のオスと繁殖活動をします。

その他、コチやハナヒゲウツボなども雄性先熟の魚です。