施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の水族館情報を無料で検索できます。

ホームメイト水族館リサーチ

水族館情報

海で生きている化石



地球の歴史を考えるうえでも、生物の進化を考えるうえでも、多くの示唆を与えてくれるのが、「生きている化石」たちの存在です。学術的には「遺存種」と呼ばれる彼らは、地層の中から出土する化石とほぼ同じ姿をしているのです。海の中でもこの「生きている化石」が発見され、いまも脈々と種の歴史を紡いでいます。その中から水族館で観察できるいくつかの生き物をピックアップしてみましょう。

8つのヒレをもつシーラカンス

8つのヒレをもつシーラカンス

「生きている化石」の代名詞にもなっているシーラカンスは、1938年に南アフリカ沖で発見され、驚きをもって迎えられました。というのも、それまでにシーラカンスの化石は多数発掘されていたのですが、その化石も白亜紀を最後に途絶えていたからです。形態の特徴として知られているのは、8つのヒレを持っていること。また、骨格のほとんどが軟骨でできていて、浮き袋の中は空気ではなく、脂肪で満たされています。いま生きているシーラカンスは主に深海で暮らしていますが、古生代や中生代には浅い海や淡水域に生息していたものと考えられています。静岡県の沼津港深海水族館では、冷凍個体を含めた本物のシーラカンスが展示され、0.6mm幅のCTスキャンによる立体映像が再現されています。

カブトガニは平家の落ち武者の化身!?

カブトガニは平家の落ち武者の化身!?

武士が身につけていた兜のような甲羅と長い尻尾が特徴のカブトガニは、瀬戸内海の泥の溜まった海底で、ゴカイなどを食べて暮らしています。いまは環境の変化により生息域が脅かされ、絶滅危惧種に指定されています。大きなものは、甲羅から尻尾までが70~80センチになることから、一部の地域では「ドンガメ」とも呼ばれているようです。また、「平家カニ」との別名も持ち、平家の落ち武者の生まれ変わりとの伝説もあるようです。瀬戸内海周辺は平家の伝説の多い土地柄で、カブトガニのお腹側の様子を武士の無念の表情のようだと感じる人が多かったのでしょう。カブトガニは時々背中を下にして「反転」の行動をとることがあるので、それも伝説を生む背景となったのかも知れませんね。水族館で出会ったら、この反転行動を待って確かめてみて下さい。

オウムガイはイカやタコの仲間

オウムガイはイカやタコの仲間

一見、大きな貝類に見えるオウムガイは、イカやタコと同じ頭足類で、5億年ほど前に地球上に登場して以来、ほとんど進化をしていないと言われています。エサを捕まえる触手は90本もあり、ピンホールカメラと同じような仕組みの目を持っています。このオウムガイは日本各地の水族館で展示されているので、もし出会ったら動き出すのをじっと待ってみましょう。決して早い動きではありませんが、「漏斗(ろうと)」と呼ばれる器官から吹き出す水の推進力を使って、体を揺すりながら移動する様子には原始的な雰囲気が漂い、まるでSFに登場する生き物のようです。