ご希望の水族館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト水族館リサーチ

水族館情報

釣りを始めてみよう



好きな人は一生釣りを続けるし、興味のない人は一生やらないまま…釣りってそんな側面を持っていますよね。試しにやってみるといったことは、あまりないような気がします。でも、水族館で魚を見るのが好きならば、一度はやってみる価値あると思うのですが…。でも、どのように始めればいいのか? 釣り好きの方に聞いてみました。

はじめてなら経験者に同行するのが一番

はじめてなら経験者に同行するのが一番

釣りは、出発時刻の設定から場所決め、道具選び、エサ選び、釣果の処理法まで、様々な基礎知識が必要になります。一人で入門書などを読んで勉強してみるのもいいけれど、現場では、天候や波、時刻などを見こして、臨機応変に対応しなければならないことばかりが起こります。先輩釣り師の方に聞くと、最初は弟子入りするつもりで誰かベテランの人を探して同行するのが一番、との答えが返ってきました。そして、道具は最初から高いものを揃えないほうがいいのだそうです。ゴルフのクラブと同じで、その人によって合う合わないが相当分かれるからです。こんな情報もベテランでなければ分からないので、やはり最初は気の置けない先輩を捜すのが得策のようです。

海釣りか? 渓流釣りか?

海釣りか? 渓流釣りか?

釣り人の間では、海釣りか渓流釣りかは、きっぱり分かれているようです。どちらも楽しんでいるという人は、極めて少数です。海と渓流では道具も違ってくるので、当たり前なのかもしれませんが、その点でも不思議な趣味です。したがって、まず最初にどちらを初めてみたいのかを考える必要があります。逆に、まったく釣りの経験がないのであれば、どちらもやってみたほうがいいのかも知れません。いずれを選ぶにしても、ベテラン釣り師の持っている魚の知識は、水族館とはまた違った醍醐味があります。おそらく最初は、「なるほど」と大きくうなずくことばかりだと思います。あれこれ考えているより頼れる師匠を捜して現場へ行ってみましょう。

道具選びは専門店で

道具選びは専門店で

釣り道具を選ぶ時には素人判断せずに、専門店のプロに聞いたほうがいいようです。通販やホームセンターなどで安く手に入るとしても、自分がどのレベルで、どのように釣りを楽しみたいのかを伝えれば、経験豊富なスタッフが適切なものをすすめてくれるはずです。他店より少々高くても、そこは授業料だと考えて、専門店に頼ったほうが初心者のうちは安心です。経験を積むほどに面白くなるのが釣りの世界なので、興味のある方は焦らず、一歩一歩上達をめざして下さい。