ご希望の水族館情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

旅探

釣り・魚図鑑 釣り・魚図鑑

  • はてブでブックマークする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツィートする
文字サイズ

一口に魚と言っても、その種類は様々です。生息する水の性質によって「海水魚」や「淡水魚」に分けられ、なかには海水と淡水の入り交じった汽水域や、海水と淡水のどちらでも生きられる魚もいます。地球の表面積のおよそ3分の2は海に覆われていますが、大昔には海で暮らしていた魚が進化の過程で淡水に適応するようになりました。現在は魚類の約43%にあたる1万2000種あまりの魚が、淡水の中で暮らしていると言われています。旅探では、淡水や海水で釣れる魚の紹介をはじめ、淡水魚の釣場、海水魚の釣場についてもまとめました。魚の性質や特徴をそれぞれの種類ごとに解説しており、魚が暮らしている環境が分かると、体の仕組みや行動の理由が分かります。

海水魚

カレイ・ヒラメの仲間
カレイ・ヒラメの仲間
私たちが一般に知っているカレイやヒラメは、カレイ目に属している魚です。カレイ目はヒラメ科、カレイ科、ササウシノシタ科、ダルマガレイ科の5科があり、ほとんどの魚が砂や岩と同系色になっています。
イワシ・ニシンの仲間
イワシ・ニシンの仲間
イワシとニシンはニシン目に分類される魚で、カタクチイワシ科、ニシン科、デンティケプス科、ヒラ科、オキイワシ科の5科に分かれます。
スズキの仲間
スズキの仲間
スズキ目は魚類だけでなく脊椎動物の中でも最大のグループで、148科、約9,300種類に分かれています。
キス・アマダイの仲間
キス・アマダイの仲間
キス科にはシロギス、アオギス、ホシギス、モトギスの4種が分類され、アマダイ科にはアカアマダイ、シロアマダイ、キアマダイなど5種が分類されています。
アジの仲間
アジの仲間
アジの仲間はアジ科に分類されるもので140種類います。カンパチ、ブリ、シマアジなどもアジ科の魚です。アジを漢字で『鰺』と書きますが、これはアジの旬が旧暦の3月頃に始まるからだと言われています。
イサキの仲間
イサキの仲間
イサキの仲間は、体が平たく、前後に分かれていない連続的な背びれを持っています。また、尖った歯が並ぶ口は小さく、分厚い唇が特徴です。
キンメダイの仲間
キンメダイの仲間
金色に輝く目が名前の由来にもなっているキンメダイは、キンメダイ目に分類される魚です。キンメダイ目は、ヒカリキンメダイ科、マツカサウオ科、ヒウチダイ科、キンメダイ科、イットウダイ科などに分類されています。
タイの仲間
タイの仲間
タイ科の仲間は、日本に36属121種棲息していますが、タイと名の付く魚はその倍以上いるとされています。古くから高級魚とされてきた鯛ですが、その大部分がタイ科の鯛でないことになります。
イシダイの仲間
イシダイの仲間
イシダイ科はイシダイとイシガキダイの2種が日本に棲息しています。イシダイ科は、強力な顎と歯を持っていることが特徴です。
サバの仲間
サバの仲間
サバ科の魚は世界に49種類棲息し、カツオ、マグロ、キハダ、メバチなどが含まれています。サバは日本の魚というイメージが強くありますが、世界中に分布していて、世界中で食べられているポピュラーな魚です。
カサゴの仲間
カサゴの仲間
カサゴ目は25科1,271種類確認されていて、その容姿特徴からメイル・チークドフィッシュ(頬に鎧を持つ魚)と呼ばれています。
カジカの仲間
カジカの仲間
カジカ科の魚には海水魚が多く、日本に棲息する淡水魚のカジカ科の魚は7種類います。
カワハギの仲間
カワハギの仲間
フグ目は、カワハギ科を合わせ10の科目に分類され、日本には約340種棲息しています。また、フグ目はマンボウ科を除き、鰾(ひょう)と呼ばれる浮き袋を持っているのが最大の特徴です。
旅探

淡水魚

コイの仲間
コイの仲間
コイ目はコイ科、サッカー科、ギュリノケイルス科、ドジョウ科、タニノボリ科に分類され、主にユーラシア大陸、北アメリカ大陸、アフリカ大陸に分布しています。
サケの仲間
サケの仲間
サケ目はサケ科のみで構成され、紡錘形(ぼうすいけい)で側偏した体を持つのが特徴です。全て肉食です。
サンフィッシュの仲間
サンフィッシュの仲間
サンフィッシュ科は北アメリカ大陸原産の淡水魚ですが、日本に移入されてから爆発的に繁殖が広まり、在来種の数を危機的に減少させるほど捕食するため、各都道府県の内水面漁業規則で密放流が禁止されています。
ボラの仲間
ボラの仲間
ボラ目に分類される科目はボラ科のみです。体が細長い円筒形をしているのが特徴です。
ハゼの仲間
ハゼの仲間
ハゼ科の多くは、左右の腹ビレが癒合し、吸盤状になっているのが特徴です。
ウナギの仲間
ウナギの仲間
ウナギ目はウナギ科、ウツボ科、アナゴ科など15科に分類されています。ウナギ目は体が細長く、腹ビレや体を支える骨が無いのが特徴です。
海水魚の釣場

海水魚の釣場

日本の海釣りの多様性は世界一です。四方が海の海洋国家であることに加えて、日本列島は黒潮と親潮が出会うことから、世界でも有数の好漁場なのです。

淡水魚の釣場

淡水魚の釣場

淡水魚の釣場には、川や湖、沼など様々な場所があります。ターゲットとする魚がどこに棲息するかを事前に知り、効率のよい釣りを楽しみましょう。

危険な魚

危険な魚

魚の中にはトゲやヒレ、歯、内臓などに毒があるものがいます。釣場で刺されたり、知らずに食べてしまわないよう、危険な魚を事前に知っておきましょう。

四季の釣魚

四季の釣魚

魚は生態や棲息地によって釣れる時期が異なります。そのため、ターゲットとする魚の活動期やエサなど、的確な情報を知っておいたほうが釣果があがります。

日本全国の観光名所を検索できる情報サイト「旅探」では、水族館の基本情報や、皆様からの口コミや投稿写真、投稿動画など、公式ホームページやガイドブックでは分からない生の声を掲載しています。「釣り・魚図鑑」では海水、淡水で釣れる魚や釣り場についてご紹介。形や性質が実に様々である「海水魚」や、海から遡上してくるアユやサケなどの「淡水魚」について詳しく解説しています。他にも、四季の釣魚や、毒を持つ危険な魚についてもまとめました。

ページ
トップへ